前へ
次へ

軽貨物の運送業者が加入すべき保障

軽貨物の運送の仕事を行う際には申請などの公的手続きも必要ですが、それ以外に必要となるのが保険などの保障です。
まず必須となるのが軽貨物の運送の仕事を行う人間以外も加入する必要のある自賠責保険です。
自賠責保険は一部の地域を除き会社によって保障内容や保険料の違いがないのでどの会社で契約をしても問題ありません。
また軽貨物の運送業者として働いていると、配達途中の荷物の破損などのトラブルや事故によって自らがケガを負ったりするリスクもあります。
しかし自賠責保険はそういった内容に対応することができません。
配送トラブルによる保障が支払えないといったリスクを回避できるよう必須ではありませんが任意保険へも加入しておくことがおすすめです。
保険料は保障内容により異なりますが、軽貨物の運送業者を対象とした任意保険は一般のドライバーよりも基本の保険料が高くなります。
ですので、軽貨物の運送をしながら安心して働けるよう、それぞれのドライバーのニーズにマッチングした保険を選ぶことが大切です。
軽貨物の運送業者の求人による採用の場合は会社で加入していることもありますが、それぞれの軽貨物の運送業者によって内容が異なる場合もありますので自分が現在どんな保険へと加入しているかを確認しておくことが重要です。

Page Top