前へ
次へ

軽貨物の運送業者として加入すべき保障の相場

軽貨物の運送業者として働く場合、自賠責保険だけでなく任意保険へと加入しておくことがおすすめです。
任意保険に加入しておくと、配達を依頼された荷物の破損や事故にあった際の傷病保障など何かあった時も保障をしてもらえるため、不安なく軽貨物の仕事を続けることができます。
しかし任意保険に実際に加入をしたい場合どのくらいの金額を目安とすれば良いのでしょうか。
軽貨物の運送業者として任意保険に加入する場合、保険会社や保険の等級・年齢や免許の色などに応じて保険料が変わってくる場合があります。
それらを踏まえつつ10,000円から15,000円程度をおおよその相場として探すのが良さそうです。
しかし、保険料の支払いで生活を圧迫するような額の保険を契約するのはもってのほかですが、対人・対物などの補償が現在の軽貨物の際のリスクにマッチングしていなければ意味がありません。
ですので、軽貨物の運送の際のトラブルの保障に対応しつつ無理なく支払いを続けられる額の任意保険へと加入することが大切です。
また最近では一人親方労災保険など個人の軽貨物の運送ドライバーでも加入できる国の労災保険もあります。
一時金や年金なども支給されますのでこれらの保険への加入も検討してみても良さそうです。

Page Top